小林淳一郎の鉄製品 鍛鉄のフライパン
通報する

小林淳一郎の鉄製品 鍛鉄のフライパン

ずしりと重くてワイルドな風貌の鉄のフライパン。
金属造形作家、小林淳一郎さんの作品です。

オムレツやパンケーキなどを焼くときに使いやすいサイズのフライパンです。

神楽坂プリュスのフライパンとスキレットの紹介記事はこちらをご覧ください。
https://www.kagurazakaplus.jp/staff-detail/44

サイズ:約φ20cm(底面約φ15cm)、全長約40cm、重さ約900g
素材:鉄
*ハンドメイドのためサイズは多少の個体差がございます。

<鉄製フライパン スキレット お手入れ方法>
製品仕様
パン、ハンドルともに熱間鍛造により造形、リベット接合組み立て。
表面はオリーブオイル焼き付けによる油焼き仕上げ。
製作工程上、仕上げは必ずしも一定でなく、部分的な厚みのムラ、ごくわずかな
剥落等が生じる場合がありますが使用上の支障はありませんのでご了承ください。
ご購入後初めてお使いになる際はお湯で全体を軽く洗うのみでお使いになれます。
 
ご使用後はタワシを使ってお湯で洗ってください。焦げ付きはスクレーパーなどで刮げ落としてからお湯を入れて火をかけてふやかして落としてください。
洗った後は軽く空焼きして水分をしっかり乾かしてください。
洗剤の使用は特に問題ありませんが、油ぎれを防ぐため洗浄後ごく薄く油を塗る
ことをお勧めします。
 
油焼き仕上げは防錆とシーズニング(焦げつきの軽減)を目的として施してあります。
油焼き仕上げは日々の使用により徐々に薄くなり、いつしか銀灰色を呈する鉄生地が露出します。使い込んだ証でありその頃には愛着もひとしおですが必要に応じてシーズニングを施してください。
錆が生じた場合も紙やすりなどで十分に除去したのち同様にシーズニングを施してください。
ご家庭で施すシーズニングでは当初のような黒色光沢層は得られませんが効果は
同様です。

<ご家庭でのシーズニング方法>
1 キッチンペーパーなどで食用油をごく薄く塗る。
2 弱~中火で、油煙が消えるまで(概ね5~7分)火にかける。
3 冷えてから表面を触り、ベタつくようであれば再度、弱~中火にかける。 
4 ベタつかなくなるまで、作業を繰り返す。
*調理時と同様、とても熱くなりますのでご注意ください。
*煙が出ます。換気を充分におこなってください。



小林純一郎
金属造形作家。鉄の彫刻をつくるなか、東北の復興支援のチャリティーにアートを出品したことがきっかけで、皿やフライパンなどの実用的な鉄の作品を作り始めることに。
http://www.kobajun.com/

¥ 18,360

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 800円

ショップの評価

  • リネンリブソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    リネンリブソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    MENS カナリヤイエロー

  • リネンリブソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    リネンリブソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    MENS レッド < 2019年限定カラー >

  • 【予約販売】深見堂シュトーレン(お受け取りは12/10)

    【予約販売】深見堂シュトーレン(お受け取りは12/10)

    店頭受け取り

  • アルパカケーブルソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    アルパカケーブルソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    WOMENS ベージュ

  • アルパカケーブルソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    アルパカケーブルソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    WOMENS レッド

  • アルパカケーブルソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    アルパカケーブルソックス NISHIGUCHI KUTSUSHITA 西口靴下 <日本製・奈良>

    WOMENS チャコール