瀬戸本業窯 野花立て

瀬戸本業窯 野花立て

本業焼とは本来から瀬戸に生きづいた陶器の手仕事。
時代背景に必要とされた実用食器を作り続けてきました。

仕事は分業制がとられ、作り手は日々繰り返しの修行を重ね技を競い、
作られた器は用と美を格調高く備え、器文化の究極を築きあげてきた。
約三百年続く、瀬戸本業の歴史。

本業窯の器は日常の食器として毎日の使用に耐える堅牢さを備えていて、
欠けや割れに強く、長く頻繁に使い続けてもその色彩は失われません。
むしろ使うほどに増す味わいを楽しむことができます。
1300度近い高温でないと焼き締まらない本業土を用いた、
高火度焼成のやきものであることが理由です。

手にしっかりと馴染む茶碗、料理を美しく見せる大鉢など、
いつの時代にも変わらない使い味を感じていただきたい。

使ってこその器です。


瀬戸本業窯 野花立て(花器・花瓶)

7代目 水野半次郎作

黄瀬戸に飴釉が自然に溶け合ったような、
絶妙な色合いの野花立て。
上部は円筒・下部は八角形に削ぎが施されています。

素朴でありながら、存在感のある花器です。

そっと摘んだだけの、野花も雰囲気のある、たたずまいに。


サイズ 直径:上部 約4.5cm 下部 約6~7cm 高さ:約19.5cm 

¥ 8,640

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 800円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価